身近な道具で科学工作 親子向けに教室

LINEで送る
Pocket

配線のつなぎ目を保護するため、熱収縮チューブをかぶせてドライヤーで温める親子

南箕輪村公民館と県南信工科短期大学校の連携講座「親子科学工作教室」は8日、同校で開いた。村内外から13人が参加。歯ブラシなど身近にある道具を活用したロボット制作を行った。

地域の 技術を子どもたちに知ってもらおうと始まった取り組みで、今年で3年目。昨年までは 専用キットを使った本格的な内容だったが、今年は 「子どもたちの発想が育つ機会にしたい」 と同校の千葉隆史准教授=電気制御技術=の指導で、「ハブラシロボット」作りに挑戦した。

子どもたちは専用工具を使って、配線処理に挑戦。配線を保護するために熱収縮チューブをかぶせて温める作業では、親子で協力して制作。ラミネート加工した円形の厚紙の上面にモーター、下面に歯ブラシを貼り付けてロボットを完成させた。完成後、歯ブラシの位置やブラシの毛の長さを調整。動きの速いロボットを作ろうと熱心に取り組んでいた。

父親と参加した南部小学校3年生の田畑凜空君(8)は、「楽しかった。歯ブラシの位置やブラシの長さを変えて、速く動くように改良していきたい」と話した。同公民館は「工短ならではの企画を考えていきたい。対象年齢を広げることも検討したい」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP