台湾高雄市と茅野市の中学生ら友好の調べ

LINEで送る
Pocket

中学校同士が姉妹校提携を結ぶ茅野市と台湾高雄市の「中学校交流演奏会」は22日、茅野市民館マルチホールで開かれた。茅野市の4中学校の各吹奏楽部や高雄市の新興高級中学校の生徒で作る高雄市青少年交響楽団などが出演。お互いに名曲を響かせて、音楽で両市の友好を確かめ合った。

新興高級中学校は中高一貫校で、茅野東部中学校と姉妹校関係を結んでいる。音楽教育に熱心に取り組み、世界で活躍する音楽家が育っているという。以前から同交響楽団は来日し演奏活動をしており、今回は姉妹校提携を縁に茅野市民にも演奏を聴いてほしいと、初の交流演奏会が実現した。

第1部は茅野市内4中学校の各吹奏楽部がそれぞれ元気いっぱいに歓迎の演奏を聴かせた。続いて、高雄市の大人たちがメンバーの混声合唱団が歌声を披露した。

メーンのステージは中高生で編成する交響楽団。ロッシーニの「セビリアの理髪師」序曲で始まり、台湾メロディーやテレサ・テンの歌など演奏。本格的な管弦楽の響きに、会場からは1曲ごとに大きな拍手が贈られていた。

おすすめ情報

PAGE TOP