「ランバイク」レース大会 来月駒ケ根

LINEで送る
Pocket

10月の駒ケ根大会に向けて走り込むゴー・ライダースの子どもたち=17日、伊那市西春近の練習場

ペダルがない自転車「ランバイク」のレース「ドリームレーサーカップ駒ケ根大会」が10月6、7日に駒ケ根市の駒ケ根高原アルプスの丘家族旅行村で開かれる。2歳児から小学低学年までが対象で全国から多くの親子が集結する。駒ケ根市を拠点にする親子チーム「Go Riders(ゴー・ライダース)」が大会運営に協力し、約30人のメンバーも参戦を予定。代表の井地ゆかりさん=伊那市荒井=は「親子一丸となって目標に向かうランバイクの魅力と、レースの楽しさをたくさんの人に味わってほしい」と広く参戦、観戦を呼び掛けている。

駒ケ根大会は今回で5回目を迎えた。参加者全員が表彰されるのも大きな特徴。年齢別などで細かくクラス分けされ、昨年は約200人が出場した。

上伊那地方を中心に県内各地から集まるゴー・ライダースは、毎月練習を重ねている。本番を控えた17日も伊那市西春近の練習場に集合し、けがのないよう入念に準備体操をして臨んだ。

保護者が点検整備、チューニングしたランバイクにまたがった子どもたちは、本番さながらに両足で地面を蹴って勢いよく加速。絶妙なバランスでコーナーを抜け、ゴールを目指した。

小学1年の下平源君=駒ケ根市赤穂=は「この大会は昨年は2位だった。今年はとりあえず勝つ」と意欲満々。母親の瞳さんは「ランバイクを始めて練習しないと上達しないことを肌身で知り、強い人にチャレンジしていくようになった。親子のコミュニケーションを取る機会も増えましたね」と目を細めた。

競技開始時間は両日共に午前9時。エントリーなど詳細は公式サイトで確認できる。

おすすめ情報

PAGE TOP