幸せの「高遠ダムパフェ」 11月末まで

LINEで送る
Pocket

高遠ダムを模した「高遠ダムパフェ」。高遠さくらホテルのレストランで28日から提供する予定だ

伊那市は21日、高遠ダムを模したデザート「高遠ダムパフェ」を発表した。ダム湖に面した高遠さくらホテル(同市高遠町)と共同開発。信州の秋の味覚を代表するリンゴをふんだんに使い、ダム本体をジュレや生クリーム、リンゴキャラメリゼで、湖水を液体状のヨーグルトで表現。同ホテルのレストランで、28日から11月末までの期間限定で提供する予定だ。

伊那市内で27、28両日に開く「地域に開かれたダム」全国連絡協議会に向け、名物デザートを開発し、伊那谷から全国の関係者やダムファンに発信しようと企画した。市では「水を育んで人の命を守るダム、食べる人を笑顔にするパフェ。共通するのは『幸せ』。幸せがあふれるデザートです」とPRする。

旬のリンゴは生、コンポート、キャラメリゼの三つの調理法で盛り付け。楕円形の洋皿には船に見立てたリンゴとシャインマスカット、2種のアイスクリームなども載る。

想定価格は700円(税込み)。同ホテルによると、9月末までを予定していた「高遠ダムカレー」の提供も好評につき11月末まで延長することにし、有賀正支配人は「ダムやダム湖を望むレストランで、ダムカレー、ダムパフェをぜひ味わってください」と話している。

ダムパフェは全国連絡協の懇談会の場でも紹介する。

おすすめ情報

PAGE TOP