全国植樹祭の諏訪地区植樹 28日に岡谷市湊で

LINEで送る
Pocket

第67回全国植樹祭の諏訪地区植樹は28日、2006年7月の豪雨災害で大規模な山腹崩壊が起きた岡谷市湊の本沢川最上流部で開く。行政、林業関係団体、一般、みどりの少年団などから約530人が参加する予定で、崩壊地に約2000本の苗木を植える。豪雨から10年の節目に、豊かで災害に強い森林づくりの大切さを再認識する機会にもする。

県内での全国植樹祭は1964(昭和39)年に茅野市八子ケ峰で開催して以来、約半世紀ぶりとなる。

午前10時に開会。式典に続いて植樹を始め、針葉樹と広葉樹が混じる森林を目指して0.5ヘクタールの範囲にコナラやカエデ、モミなどの苗木を植える。並行して植樹範囲を囲い込むように獣害防止ネットを設置。地域の学校や企業、個人・団体が育ててきた苗木の一部、諏訪湖の水草ヒシなどから作った堆肥も活用する。

7月豪雨の被災状況や復旧への取り組みを掲載したパンフレットを配布し、住民が主体となった湊地区の森林づくり・山地防災活動を広く紹介する考えだ。太鼓演奏や木やり、みどりの少年団を対象とする森林教室もある。

主会場の長野市エムウェーブでは6月5日に記念式典が開かれる。天皇、皇后両陛下が出席され、木曽地方のヒノキと八子ケ峰のカラマツ材で作ったお手播き箱に、県木シラカバなど信州を代表する4樹種の種をまかれる。

おすすめ情報

PAGE TOP