21日、山田姉妹と上伊那の合唱団が演奏会

LINEで送る
Pocket

指揮者横山さんの指導で行われた合同練習

いなっせ(伊那市荒井)の開館15周年記念事業の演奏会「山田姉妹・エーデルワイス ジョイントコンサート」が21日、ニシザワいなっせホールで開かれる。著名な演奏家らと共演する地元合唱団「女声合唱エーデルワイス」は、「合唱だけではない、高いレベルの音楽ステージ」を目指し、練習を重ねている。

テレビ等で活躍する山田華さん、麗さん姉妹の双子ソプラノデュオ「山田姉妹」がゲスト出演するコンサート。上伊那地方の合唱愛好家らでつくる同合唱団は姉妹と、中田喜直作曲の女声合唱曲集より「夏の思い出」「夏の小径」などを合同で演奏。バイオリンやホルンなど多数の楽器との合奏で、エルガーやブラームスの合唱曲も披露する。

同ホールで行われた練習では、合唱団員20人とホルンなどの楽器奏者らが初めて演奏を合わせた。合唱団の指導者で、同演奏会の本番でタクトを振るプロの音楽家横山奏さんから、言葉のアクセントや音の強弱表現などについて指導を受けた。小節ごとに何度も演奏を合わせ、互いの響きや音の表現を近づけた。合唱団長の唐木圭子さんは「楽器との共演ステージは初めて。楽器と合唱が合わさることで、音楽がより豊かになり、表現の幅が広がった」と話した。

開演は午後6時。入場料は2000円(全席指定)。問い合わせは市生涯学習センター(電話0265・78・5801)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP