もみじ湖ライトアップ きょう20日から

LINEで送る
Pocket

今年も始まるもみじ湖のライトアップ=19日試験点灯、末広広場に続く並木道

箕輪町は20日から「もみじ湖(箕輪ダム湖)紅葉祭」の一環として、同湖周辺でライトアップを始める。湖周辺の約1万本のモミジの紅葉はこれからが本番。ダム湖近くの末広広場につながる並木道や竹の尾広場を明るく照らし、一帯の新たな魅力を発信する。11月11日まで。

ライトアップは一昨年の試験的実施を含めて3回目。LED小型投光器70基を並木道から竹の尾広場まで延べ800メートルに設置する。点灯時間は毎日午後5時~午後9時。期間中の午前10時~午後4時ごろまでは、菓子や五平餅、飲み物・農産物各種などの販売屋台も出店され、昼夜の風景を楽しめる。

町観光協会によると今年の紅葉は19日現在、「色づき始め」で、10月末~11月初めに「見頃になりそう」という。

紅葉祭期間中の28日には着物で集まり風景を写真に収めるイベント「もみじ湖和装Deインスタ」、11月3日には「もみじ湖夢まつり」「もみじ湖ウオーキング」を開催する。問い合わせは町観光協会(電話0265・79・3111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP