新生「御湖鶴」酒造りへ 下諏訪で醸造始め祭

LINEで送る
Pocket

酒造場内のおはらいなどもした「醸造始め祭」

下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕込み作業を始め、初年度となる今季は純米酒5種類を製造する。最初の酒は12月上旬に出来上がる予定だ。

杜氏を務める竹内重彦酒造部長(46)によると、今季の仕込み量は一升瓶換算で約1万本分。契約栽培した諏訪産の美山錦や福島産の五百万石などの酒米を使い、日常的に飲める手頃な価格の酒から高級酒の大吟醸までを造る。

酒造場は菱友醸造の土地建物を取得。醸造タンクは温度管理ができる新型に更新し、酒造りの初期工程で使う麹室も一部を新しくした。今季の酒造りが終わる来年春からは酒造場を全面改装し、来季以降の本格的な酒造りに備えていくという。

醸造始め祭では諏訪大社神職が神事を行い、酒造場内の各施設をおはらいした。竹内部長は「これまでの御湖鶴を超えるような酒を醸し、以前からのファンにも納得してもらえる高い酒質を目指したい」、村田裕之社長(58)は「ショップの併設や酒蔵見学ができる仕組みなども考え、地元の活性化につながる酒蔵運営をしていきたい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP