子育て中の母親らが吹奏楽 岡谷でコンサート

LINEで送る
Pocket

なじみ深い曲を演奏したファミリーコンサート

子育て中の母親らでつくる吹奏楽グループ「ウィンズ♪ファミリアすわ」(高坂貴子代表)は10日、ファミリーコンサートを岡谷市の県男女共同参画センターで開いた。諏訪、上伊那地方などのメンバー約30人が出演。工夫を凝らした演出で、子どもから保護者までなじみ深い8曲を演奏した。

ステージは2012年の全日本吹奏楽コンクール課題曲「さくらのうた」で幕開け。アニメ「プリキュア」や「ルパン3世」のテーマ曲、映画「魔女の宅急便」メドレーなどを奏でた。色とりどりの傘を使ったダンスや歌を交えた演奏もあり、音楽に合わせて体を動かす子どもの姿があった。

コンサートは、子どもたちが飽きることのないようにと、休憩を取らず1時間のみ。ベビーカーのまま聴けるほか、おむつ替えコーナーや授乳室を設け、家族連れでにぎわった。

同グループは妊娠、出産後にも演奏できる環境を―と2007年11月に結成。市内の勤労青少年ホームを拠点に活動しており、年1回のコンサートをはじめ、保育園や育児サークルを訪れて年間20回ほどの演奏会を開いている。

おすすめ情報

PAGE TOP