小中一貫教育プラン 諏訪市城北小で説明会

LINEで送る
Pocket

小中一貫教育の導入を盛り込んだ「未来創造ゆめスクールプラン」基本計画案の説明会=諏訪市城北小

諏訪市教育委員会は15日、小中一貫教育の導入を見据えた「未来創造ゆめスクールプラン」基本計画案の保護者向け説明会を同市城北小学校で開いた。市教委は2021年度から同校と高島小学校を統合し、上諏訪中学校との施設併設型小中一貫教育を始める計画を示している。城北小に通う児童の保護者ら約70人が参加。参加者からは「(保護者らに)アンケートなどを行い、不安を把握してほしい」との要望が出た。

市教委が9月の総合教育会議で基本計画案を示して以降、同校保護者向けに説明するのは初めて。小島雅則教育長は学校再編を伴う小中一貫教育導入について、「単に子どもの人数が少ないからという理由ではない。次の世代へ新しい学校をつくりたい」と強調した。

校舎は高島小と上諏訪中を使い、城北小は利用しない想定。市教委は保護者が心配する通学路の安全確保へ、「スクールバスの運行も含めて検討する」と説明した。

参加者から再編への反対意見は出なかった一方で、自身も同校に通った保護者は「母校がなくなるのは寂しいが、それを上回る期待感を持てるようにして」と要望した。16年4月に学校統合で開校した岡谷田中小(岡谷市)の事例を参考にしたい、との意見も出た。

保護者らの不安を把握して-との意見に対し、市教委は「保護者一人ひとりの不安を聞く形を考えたい」と答えた。市教委は今年度内に3校の枠組みの課題を協議する学校再編推進委員会を設置する方針。

保護者向け説明会は関連する小中学校や保育園で実施している。19日に角間川保育園、20日に片羽保育園、27日に上諏訪中、来年1月29日と2月5日に高島小でそれぞれ行う予定。城北保育園は今月12日に済ませた。

おすすめ情報

PAGE TOP