上伊那がトップ 県縦断駅伝第1日

LINEで送る
Pocket

初日トップでゴールテープを切る上伊那の萩原選手

第67回県縦断駅伝競走は17日、郡市の代表15チームが参加して2日間の日程で始まった。第1日は長野市―岡谷市の12区間118・4キロで競い、上伊那は6時間26分26秒でトップに立ち、5連覇に向けて好スタートを切った。

前回9位の松本市が上伊那と3分31秒差の2位となり、長野市がさらに43秒差の3位。前回まで4年連続2位の全諏訪が4位に続いた。

最終日の18日は松本市―飯田市の10区間98・5キロで行われ、2日間の合計タイムで順位を競う。

おすすめ情報

PAGE TOP