NAO ice OVAL 23日に看板お披露目

LINEで送る
Pocket

茅野市は23日、小平奈緒選手の金メダル獲得を記念して命名した市運動公園国際スケートセンターの愛称「NAO ice OVAL」の看板お披露目式と、国際スケートセンターの今季のオープニングセレモニーを同センターで開く。

愛称は小平選手の栄誉を後世に伝え、ジュニア選手の意欲向上とスケート文化の普及などを目的に命名した。302件の応募作から同市金沢小学校3年の吉澤遼君の作品、ロゴマークはイマージ(茅野市)の湯田坂奨さんのデザインが選ばれ、8月1日の市民栄誉賞贈呈式で発表された。

お披露目式は午後4時30分から、同センターのロータリーに設置した看板の除幕を行う。テントハウスに移動し、市長があいさつ。小平選手や吉井小百合選手、外ノ池亜希選手ら同センター出身の五輪選手8人の写真パネルを紹介する。小平選手のビデオメッセージを披露し、午後8時まで繰り返し上映する。

オープニングセレモニーは午後6時から。理事者や来賓のあいさつに続いてNSクラブが模範滑走を行い、打ち上げ花火とバックストレートの愛称看板除幕で一般滑走をスタートする。当日は施設を無料開放し、来場者には愛称のロゴマークが入ったピンバッジをプレゼントする。

同センターは1989年に供用を開始。30年の節目となる今季の営業は来年2月17日までで、期間中は荒天時を除き無休で営業する。時間は午前8時~午後8時30分。利用料は大人800円、高校生600円、子ども400円。回数券、期間券もある。

おすすめ情報

PAGE TOP