J2優勝J1昇格記念パレード 松本山雅FC

LINEで送る
Pocket

パレードでオープンバスからサポーターらに手を振る松本山雅の選手

サッカーJ2初優勝と4年ぶりのJ1昇格を決めた松本山雅FCの記念パレード・報告会が9日、松本市内で行われた。沿道にはサポーターら約5万人(主催者発表)が詰めかけ、「ありがとう」「おめでとう」などと祝福し、選手とともに喜びを分かち合った。

パレードは同市本町通りの中央2丁目交差点付近からスタートした。ピンク色のオープンカーに乗った反町康治監督のあとに、選手が上段から顔を出すオープンバスが続いた。国宝松本城近くまでの約500メートルの間を30分程掛けて進み、観衆からは「来シーズンも頼むぞ」などと熱いエールが送られた。選手たちも手を振り、笑顔で声援に応えていた。

松本城本丸庭園で開いた報告会で反町監督は、「皆さんの前でJ2優勝、J1昇格の報告ができ本当にうれしい。応援してくれる皆さんの期待に応えられるよう来年も頑張る」とあいさつした。選手やサポーターら全員で松本城天守閣に向かい「One Soul(ワンソウル)」と声を張り上げ、来シーズンへの決意を新たにした。

参加した会社員の花岡宏明さん(49)=岡谷市=は「今シーズンは厳しい試合も多かったが、最後は優勝することができて良かった。パレードも選手やサポーターが一緒に喜び、盛り上がって楽しかった。来シーズンも山雅らしい戦いをしてほしい」と笑顔を見せていた。

おすすめ情報

PAGE TOP