2回戦突破を 岡谷工高ラグビー部が花園へ

LINEで送る
Pocket

健闘を誓うラグビー部員

27日に開幕する第98回全国高校ラグビー大会に出場する岡谷工業高校(岡谷市)ラグビー部の選手が25日、会場となる大阪府東大阪市の花園ラグビー場に向けて出発した。2年ぶりで30回目の出場。同校での出発式には保護者や教員らを含めて約40人が集まり、2回戦突破を目標とする選手たちを見送った。

出発式では、羽毛田哲朗校長(56)が「いよいよ全国大会。岡工代表として、120%とは言わないが、練習成果を100%出せるような皆のプレーを期待している」と激励。吉池風知主将(18)は「準備は完璧。今までやってきたことを精いっぱいやるので応援をよろしくお願いします」と意欲を燃やした。

式後に下諏訪町の諏訪大社下社秋宮で必勝を祈願して出発。この日は京都市の妙心寺で座禅を組み、奈良市内で宿泊した。初戦は27日で、和歌山工業(和歌山県)と対戦する。勝てば30日の2回戦で、古豪の天理(奈良県)と当たる。

おすすめ情報

PAGE TOP