102連オルゴール設置 秋宮前の観光案内所

LINEで送る
Pocket

観光案内所に設置された「102連オルゴール」

下諏訪町の諏訪大社下社秋宮前にある観光案内所に、小型の18弁オルゴールを102個連結した「102連オルゴール」が設置された。観光客が最も多い場所で、オルゴールの町をアピールする狙い。「気軽に手回しして音を楽しんで」としている。

高さ1・8メートル、幅1・5メートルの大きさ。102個のオルゴールが放射状に連結してある。演奏曲はベートーベンの交響曲第9番。中央のハンドルを回すと、102個が一斉に音を出す。歌い手が全員で声を合わせる合唱のイメージから開発されたという。

案内所を運営する下諏訪商工会議所が2009年に会員企業と連携したプロジェクトで、地域PRの一環として製作した。全国のイベントを巡回していたが、戻ってきたのを機に設置した。案内所はパンフレット類の展示や町紹介の映像放映が中心。「体験ができるコーナーの開設で、さらに下諏訪の魅力を知ってもらいたい」と期待している。

おすすめ情報

PAGE TOP