夏山シーズン安全に 車山高原開山祭

LINEで送る
Pocket

八ケ岳山麓を見下ろす神社前に参列しシーズンの安全を祈願する関係者

八ケ岳山麓を見下ろす神社前に参列しシーズンの安全を祈願する関係者

茅野市郊外の車山に夏の行楽シーズン到来を告げる「車山高原夏山開山祭」が4日、車山山頂(1925メートル)に建つ山頂神社であった。車山高原観光協会や市、山頂を訪れていた観光客ら合わせて約100人が観光地の安全を祈願した。

上空に薄い雲が広がるものの、八ケ岳山麓の眺望が広がり遠くには富士山も臨める天候に恵まれた。高原らしい風が吹く中、祝詞が上げられ参列者が玉串をささげて、高原のにぎわいや多くの観光客が自然を満喫して無事に帰れるようにと願った。
 同協会の飯島清重会長は「多くの先人から受け継いだ大自然を、将来に引き渡していきたい」とあいさつ。八ケ岳アルプホルン同好会の会員がアルプホルンを響かせた。

今年は同神社でも御柱を予定しており、9月25日に「天空の御柱」として一之柱を1キロ余り山頂に”曳き上げる”。祭り当日の一般参加者も募集している。
 問い合わせは同協会(電話0266・68・2626)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP