宮田村の今堀さん 空き店舗改修し飲食店

LINEで送る
Pocket

自ら内装を手掛けた今堀さん夫妻の店「EAT&JOY」

宮田村の地域おこし協力隊員の今堀千恵子さん(46)と夫の裕之さん(48)は、同村町二区の空き店舗を改修して飲食店「EAT&JOY(いいあんじょい)」を開いている。2020年3月に迎える千恵子さんの隊員任期終了後の定住を見据え、JR宮田駅近くの店舗兼住宅となる一軒家を購入。店ではピザやグリル料理、たこ焼きなどを提供している。

大阪府から家族3人で宮田村に移住。田舎で農業をやりたかったという千恵子さんは、隊員としてブドウの生産農家を目指して研修している。卒隊後も家族で同村で暮らせるよう、昨年3月に店を開いた。

店名には大阪弁で「いいあんばい」という意味を込めた。昨年11月下旬には、親子連れに気軽に使ってもらえるように座敷席と、バーベキューもできる屋外のキッズスペースを整備した。看板メニューの石窯焼きのピザは、もちもちとした食感の生地が特徴で上伊那産の野菜をふんだんに使う。石窯で焼いたグリル料理、“本場”大阪の味が楽しめるたこ焼きも好評だ。

ピザは1枚1000円、グリル料理は1品500円から、たこ焼きは9個500円。小さい子を連れた母親ら向けの「ママ友・女子会プラン」は座敷席の貸し切りができるなど、各種プランもある。

千恵子さんは「宮田村に定住できるよう地域に根付いた店にしたい。店を通して私たちも住民と近づき、人と人がつながることができる場になれば」と話している。

営業は午後6時~午後8時30分で、昼間など時間外は予約で対応する。不定休。ピザとたこ焼きは持ち帰りも可能。問い合わせはEAT&JOY(電話090・1969・0261)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP