7月豪雨災害から10年 岡谷で防災講演会

LINEで送る
Pocket

岡谷市をはじめ諏訪地方で甚大な被害が発生した2006年7月の豪雨災害から10年を迎え、諏訪地方6市町村と諏訪広域連合は7月9日午後1時30分から諏訪広域防災講演会を岡谷市のカノラホールで開く。講演とパネルディスカッションで災害の教訓を後世に伝える。

タイトルは「平成18年7月豪雨災害10年伝承事業~忘れまじ豪雨災害 安全・安心なまちをめざして」。講師やパネリストが災害の経験から得られた教訓を語る。講演会では信州大学人文学部教授で同大地域防災減災センター長の菊池聡さんが講師を務め、防災減災のための心理学について語る。災害など身の回りの危険に関する情報がゆがんで認識される事象を挙げながら、心理的な思い違いが起きる理由とその対策について語る。

続くパネルディスカッションでは、菊池さんがコーディネーターを務める。パネリストは県建設部参事兼砂防課長の蒲原潤一さん、7月豪雨の災害現場で負傷者の治療に当たった経験を持つ岡谷市民病院外科部長の澤野紳二さん、市消防団長の矢島進さん、人命を奪った土石流が発生した花岡区で06年に区長を務めた小口ひろ明さん、同年市赤十字奉仕団委員長の宮坂みや子さん、同年総務部長の中田富雄さんの6人。

会場周辺には、降雨や地震の体験コーナーや土石流を体験する3Dシアターを設ける。災害対策活動車、救助工作車などの車両を展示する。豪雨災害を振り返る写真パネルの展示や防災用品の展示販売会もある。入場無料。

今井竜五市長は「災害から得た教訓を風化させないよう、伝承事業を通じて防災、減災に対する意識の醸成を図っていきたい」としている。

7月豪雨では、7月15日の降り始めから19日までの連続総降水量が観測史上最大となる400ミリを記録。諏訪地方各地で同時発生的に土石流が発生し、諏訪湖周辺では浸水被害に見舞われた。被害が最も大きかった岡谷市では死者8人、重軽傷者12人、全半壊27棟、床上床下浸水271棟の被害を出した。

講演会の問い合わせは岡谷市危機管理室(電話0266・23・4811)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP