女性限定 県が諏訪で合同会社説明会

LINEで送る
Pocket

出展企業のブースで話を聞く参加者

県主催の女性限定合同会社説明会が5日、諏訪市文化センターであった。子連れでの参加を認めた面接会で製造、医療、介護、サービス、農業、行政など38社が出展。昨年の2倍以上となる162人が来場し、採用担当者と熱心に懇談した。

県が転職支援会社イーキュアに委託して実施しており、今年度は県内7会場で開く。諏訪地方での開催は今回で4回目。同社によると、参加者は主に子育て期の女性が中心で短時間勤務を望む再就職希望者が多いという。各ブースでは勤務時間や仕事内容などを確認する参加者の姿があった。企業側も仕事と育児の両立を支援する就業体制などをアピールしていた。

出展企業のうち精密プラスチック射出成形、金型の豊田化工(諏訪市豊田)は「長く勤務してもらいたいと考えており、女性の力には大いに期待している。県の『社員の子育て応援宣言』の登録企業であり、働きやすい環境を整えて良い人材を迎えたい」と話した。参加した伊藤みな美さん(24)=諏訪市中洲=は「名古屋から古里の諏訪に戻った。企業の担当者の方が聞きやすい雰囲気をつくってくれたのでとても参考になる話が聞けた」と笑顔を見せた。富士見町から参加した女性(41)は「4月から子どもを保育園に預けるためにも就職先を見つけたい。自宅から近く、時間の融通が利きやすい仕事を見つけたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP