農産物情報サイト「チョクバイ!」来夏稼働へ

LINEで送る
Pocket

農産物情報サイト「チョクバイ!」の画面

伊那市の総合広告代理店アド・コマーシャルは、農産物情報サイト「チョクバイ!」の来夏の本格稼働に向け、県内各地の農産物直売所のサイト登録を進めている。インターネットを通して、生産者と消費者とがつながる関係づくりの一助となり、県内農業の振興につなげたい考えだ。

チョクバイ!は大手広告代理店系列のマーケティング業「ファーマーズ・ガイド」が開発。農産物直売所や農業者の登録は無料。全国各地の情報を掲載する予定で、県内での登録促進はアド社が担う。

サイトでは、消費者がスマートフォンを使って、近くの直売所などの情報を気軽に検索できる。直売所は、販売しているお薦め農産物や入荷情報、イベント情報などを掲載できる。農家は農作物や農場の情報を発信。消費者の応援コメント欄もあり、消費者の生の声を聴くことができるなど、サイトを通してつながり合えるという。

チョクバイ!は現在プレ稼働中。アド社によると、県内に800近い直売所があるといい、現在登録しているのは約10カ所。さらに登録を推進し、多くの情報を掲載していきたい考え。南箕輪村のJA上伊那ファーマーズあじーなは約2週間前に登録したばかりだが、福澤裕店長は「情報発信力が向上し、県外客から反響があった」。アド社の赤羽通代表取締役会長は「他県の直売所で行われた実証実験では、利用客が増加し一人当たりの購入単価が上がったと聞いている。農家の支援ができれば」と述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP