涅槃会へ「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

LINEで送る
Pocket

鮮やかな椿の断面が出来て、笑顔を見せる地蔵寺の婦人会員ら

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しまれる餅菓子。会員や地域住民ら23人が参加し、米粉をゆでて練り上げた。春の訪れを感じる椿や桜の絵柄を金太郎飴の要領で作って仕上げた。

30年以上続く毎年恒例の行事。長年、同寺の篠崎紀久子さんの指導で作っていたが、新住職の就任に伴って今年度から篠原いそみさん(47)が引き継いだ。

米粉は約10キロをゆでて砂糖などを加えた。ヨモギやクチナシの実、コーヒーなどを混ぜて、緑や黄、茶色に着色。直径約1センチ、長さ約25センチの細い棒状にこね、50本以上重ねて桜や椿の絵柄に仕立てた。糸で切ると断面に鮮やかな絵柄が現れ、参加者は「上手」「きれいにできた」と思わず笑顔を見せた。さらに丸めて、直径約4センチまで伸ばして完成させた。

篠原いそみさんは「伝統を引き継いでいきたい。若い人にもぜひ参加してもらえたら」と話していた。完成したやしょうまは本尊に供えて法要した後、檀家に配るなどした。

おすすめ情報

PAGE TOP