チューリップ並ぶ 来月2、3日伊那で即売

LINEで送る
Pocket

色とりどりのチューリップの鉢花が並ぶハウス。3月2、3の両日にみはらしファームで販売する

伊那市内の若手農業者でつくる伊那農業青年研究会は3月2、3の両日、第17回「チューリップ祭り」を同市西箕輪のみはらしファーム・とれたて市場前で開く。鉢花生産者の春日彰さん(52)=美篶=が育てた34品種・約2500鉢を展示即売。「一足早い春を感じてください」と来場を呼び掛けている。

購入者が開花の感動を味わえるようにと、1輪が咲いた状態か、つぼみに色が付き始めた状態で出品する。「ばっちりとタイミングが合うように管理してきました」と春日さん。ピンクや黄色系の人気品種のほか、やまぶき色の花を咲かせる「フォクシーフォックストロット」など6品種を初めて並べる。

切り花でなく、チューリップの鉢花を生産する数少ない農家の1人。からくり人形作家「からくりきらりん」としても活躍中で、チューリップ祭りには新作2点を持ち込むという。「花はいろいろ種類があって迷ってしまうと思いますが、選ぶことも楽しんでください」と話している。

両日ともに午前9時~午後3時。1鉢800円で販売する。2鉢購入ごとに同ファームの商品が当たるくじを1回引くことができる。

おすすめ情報

PAGE TOP