「まんぷさん」酒井さんに感謝状 県警本部長

LINEで送る
Pocket

県警本部長名の感謝状を受け取った橋爪まんぷさん(左)と酒井一雄さん

県警本部長名の感謝状を受け取った橋爪まんぷさん(左)と酒井一雄さん

長年にわたり防犯ポスターを制作し、伊那署に寄贈し続けたとして、同署は27日、長野日報の四こま漫画「オジやん君」でおなじみの漫画家橋爪まんぷさん(78)=伊那市境=と、ポスター制作の発案者酒井一雄さん(88)=同市荒井=に県警本部長名の感謝状を伝達した。2007年に始まった活動で、ポスターにはその年と翌年のえとが登場。昨年11月の寄贈で、えとが一回りしたことを機に感謝状の贈呈が決まった。

防犯ポスターの制作は、同市荒井の商店街関係者らが同地区にあるいなっせの活用方法の一つとして、同施設でのポスター展示を考案したことがきっかけ。年末の防犯啓発活動「年末特別警戒」に合わせ、親しみやすい漫画風のポスターで啓発しようと酒井さんが橋爪さんに依頼した。

以降、橋爪さんはえとにちなんだ図案で防犯や安全運転などを訴えるポスターを毎年制作。同署伊那市駅前交番に原画を寄贈し、アルプス中央信用金庫(同市)が作成した複製版を同署管内の交番や駐在所に贈っている。

同署で駒村公孝署長から賞状を受け取った橋爪さんは「あっという間に12年たった。絵を描くことが少しでも社会に役立てばうれしい」。酒井さんは「立派なものをいただき、感謝の気持ちでいっぱい」と喜びを語った。この日は、今年の年始年末特別警戒のために制作したポスターの寄贈もあった。

おすすめ情報

PAGE TOP