感謝を伝え笑顔で巣立ち 原小で卒業式

LINEで送る
Pocket

順番に担任教諭に一輪の花と感謝の言葉を伝える卒業生

小中学校の卒業式の季節を迎え、原村原小学校で14日、卒業式が開かれた。卒業生79人(男42、女37)が6年間過ごした校舎に別れを告げ、新しい一歩を踏み出した。

卒業生に証書を手渡した名取義仁校長は式辞で、「どの人も可能性と個性を持っている。自分で自分のことを大切にしてください。そうすることで人にも優しくできる」と呼び掛けた。

各教室では最後のホームルームが開かれ「6年間でこの2年間が一番楽しかった」「中学で違うクラスになってもよろしく」などと、一人ずつ感謝の言葉を述べた。校舎前でも記念撮影が続き、名残を惜しんだ。

諏訪地方の小中学校卒業式は20日にかけて行われる。

おすすめ情報

PAGE TOP