観光名所がお出迎え 下諏訪駅に大型の看板

LINEで送る
Pocket

JR下諏訪駅入り口に取り付けられたアルミ製の大型看板

下諏訪町は、JR下諏訪駅入り口に大型看板を取り付けた。諏訪湖から望む富士山の写真をメインに、町内の四季の観光名所をカラー写真で紹介する。

諏訪湖をはじめ、温泉や慈雲寺、町郊外の八島湿原などの写真に「おいでなして信州しもすわ」と入れた。縦1・6メートル、横3メートルの大きさ。車に遮られても見えるよう高さ2・2メートルの位置に付けた。

以前立っていた木製看板は、耐震診断で倒れる危険があると判明したため撤去した。設置費用は約90万円。アルミ製で両面に同じ看板を付けた。

町産業振興課は「町の玄関口の駅に降り立った観光客が、看板を見て町内の美しい観光地を一目で知ることができる。全ての駅利用者を『おいでなして』と出迎えます」としている。

おすすめ情報

PAGE TOP