農や生命の学びは宝 信大農学部で卒業式

LINEで送る
Pocket

友人たちと記念写真に納まる卒業生ら

信州大学農学部卒業式・大学院学位記授与式は23日、南箕輪村の同学部で開いた。農や生命について学びを深めた卒業生177人、修了生67人の計244人が思い出深い学びやを巣立った。

濱田州博学長が卒業生、修了生の代表に卒業証書、学位記を手渡し「信州大学の卒業生、修了生としての高い志を持って、胸を張り、将来の人類社会のために頑張ってくれることを期待する」とはなむけの言葉を贈った。

卒業生・修了生を代表して農学部農学生命科学科動物資源生命科学コースの上田麻未さん(21)が「自然豊かな信州大学で農と生命を学んだ時間は私たちの宝。新たに変わろうとしている日本のためにも卒業生、修了生一同、今後とも精進していきたい」と決意を述べた。

卒業生・修了生の内訳は、農学部食料生産科学科、森林科学科、応用生命科学科11人、農学生命科学科生命機能科学コース46人、動物資源生命科学コース35人、植物資源科学コース47人、森林・環境共生学コース38人、大学院総合理工学研究科農学専攻先端生命科学分野13人、農学専攻食品生命科学分野16人、農学専攻生物資源科学分野10人、農学専攻環境共生学分野13人、生命医工学専攻生命工学分野(伊那キャンパス)10人、農学専攻地域共生マネージメントプログラム3人、総合工学系研究科生物・食料科学専攻(博士)2人。農学部は4年前に1学科4コース制に改組し、農学生命科学科は最初の卒業生になる。

おすすめ情報

PAGE TOP