ゼロ磁場の宿「入野谷」 今季の営業開始

LINEで送る
Pocket

スピリチュアルトークと薬膳ランチのセットで提供する料理

伊那市長谷市野瀬のゼロ磁場の宿「入野谷」は4月1日、今季の営業を始める。パワースポット・分杭峠(同市)の最寄りの宿泊施設で、同施設の最上階にある「瞑想室」を活用した「スピリチュアルトーク&ヨガ、薬膳ランチ、入浴セット」も人気だ。

分杭峠は「中央構造線」の真上にあり、二つの地層がぶつかり合っていることから、エネルギーが凝縮する”ゼロ磁場”のパワースポットと呼ばれている。峠は一般車両は駐車できないため、6日から粟沢駐車場を結ぶシャトルバスが運行される。

スピリチュアルトークとヨガ、薬膳ランチのセットメニューは毎月第3木曜日のみの提供で、4月は18日に行う。スピリチュアルトークでは講師が来場者の体調や心の相談に乗りながら、ヨガを指導。体験後に高麗人参やクコの実、ナツメなどを使った滋養強壮や体質改善、美肌効果が期待できる”薬膳ランチ”を味わい、分杭峠から引水した同館自慢の風呂にも入浴できる。同館の伊東信介支配人は「ヨガを通して癒やしを感じながら、薬膳料理で身体をリセットしてほしい」と話している。

セットメニューの料金は1人3500円(税込み)で、定員は15人。3日前までに予約する。そのほかの料理や宴会、会合も受け付けており、日帰り入浴は大人500円(中学生以上)、小学生300円、幼児は無料。

予約、問い合わせは入野谷(電話0265・98・1030)へ。(後藤八十晴)

おすすめ情報

PAGE TOP