油彩画や彫刻並ぶ 「草の音」アートサーカス

LINEで送る
Pocket

伊那谷ゆかりの作家から海外の有名作家の作品までそろう展示会場

伊那市西町の花と器・古道具の店「草の音」で1日から、幅広いジャンルの美術作品を集めた「第8回アートサーカス」が始まった。希望作品に自分で価格をつける入札制の展示販売会。油彩画や彫刻など約300点が並び、県内外から愛好者が訪れている。15日まで。

会場では、伊那谷ゆかりの作家から海外の有名作家の作品までそろえ、定価の半額を最低価格に設定している。展示作は池上秀畝や中村不折の日本画のほか、東郷青児の水彩画、棟方志功の木版画、香月泰男のリトグラフなど。スペインの画家サルバドール・ダリの女性を描いた銅版画もある。

春と秋の年2回開く展示会。同店は「お気に入りの作品を見つけ、アートを身近に感じてもらえたら」と来場を呼び掛けている。

入場無料。時間は午前11時~午後6時。木曜休み。問い合わせは同店(電話0265・76・2411)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP