中学生空手道選抜入賞の江尻さん 市長に報告

LINEで送る
Pocket

柳平千代一市長らに全国大会入賞を報告する江尻ふみさん

「JOCジュニアオリンピックカップ・彩の国杯第13回全国中学生空手道選抜大会」(3月28~30日、埼玉県)の2年女子組手で3位に輝いた茅野市米沢の江尻ふみさん(14)=茅野市北部中=が3日、市役所に柳平千代一市長を訪ね、初の全国舞台入賞を報告した。今週末のナショナルチーム選考会をはじめ、全国中学大会上位入賞など、さらなる目標への意気込みを伝えた。

江尻さんは、父・昌広さんが空手道場を開いており、1歳半から道着を着て遊び、年中から大会にも挑戦した。小学1年から毎年全国大会に出場。今回は、各県の上位3位が出場できるハイレベルな大会。昨年9月の県ジュニアで3位で入っており、全国の舞台でも力を見せた。

「自分の中で一番いい結果が出せてうれしい」と笑顔で報告。1、2位は、幼いころからの仲間で、良きライバルでもある県内の選手。初めて女子総合優勝を長野県にもたらし文部科学大臣旗を手にしたことも伝えた。

成長を見守り、応援し続けてきた柳平市長は「大きくなったね。ナショナルチームに選ばれ世界に羽ばたいて」とエールを送った。

おすすめ情報

PAGE TOP