新生活に心弾ませ 諏訪地方小中学校入学式

LINEで送る
Pocket

式後の教室で、元気よくあいさつする1年生=諏訪市の城北小学校

諏訪地方6市町村の小中学校で4日、入学式があった。諏訪市城北小学校は16人(男子7人、女子9人)が入学し、大きなぴかぴかのランドセルを背負って初登校した。期待に胸を膨らませ、学校生活をスタートした。

松井聡校長は「元気いっぱい、笑顔いっぱい、友達いっぱいの1年生になってほしい。勉強や遊びを頑張り、笑顔のあいさつを心掛け、優しい気持ちで生活しよう」と呼び掛けた。児童を代表して児童会長の今井瑛人さんは「城北小は裏山のアスレチックで遊べて、みんなが仲良くて、給食がおいしい。元気にあいさつして、他の学年ともたくさん話しましょう。困ったことがあったら聞いてください」と歓迎した。

式後は教室で担任の先生が1人ずつ名前を呼び、緊張しつつも元気に「はい」と答えた。配られた文房具や交通安全グッズ、 黄色い帽子には興味津々で心を弾ませていた。

同校は2021年度から同市高島小と上諏訪中学校と合わせて小中一貫校に再編するため、城北小の学びやに通うのは2年生までとなる。

おすすめ情報

PAGE TOP