「天下第一の桜」開花宣言 伊那市

LINEで送る
Pocket

高遠城址公園で開花したタカトオコヒガンザクラ

伊那市は6日、「天下第一の桜」と称される高遠城址公園に植えられているタカトオコヒガンザクラの開花を宣言した。公園では「さくら祭り」を開催中で、7日から散り終わりまで公園入園料が有料(大人500円、小中学生250円)になる。

開花は過去最速タイで咲いた昨年よりも5日遅いものの、平年より6日早い。公園内ではまだつぼみがほとんどだが、南口ゲート外の信州高遠美術館前では日当たりのよい枝で数輪が淡いピンクの花を咲かせた。

開花宣言セレモニーで白鳥孝伊那市長は、今期新たに制定した標準木を示しながら「タカトオコヒガンザクラの開花を宣言します」と高らかに発声。訪れた観光客らが大きな拍手を送った。市観光協会は満開を13日ごろと予想。見頃は20日くらいまでと見込んでいる。

おすすめ情報

PAGE TOP