平均年齢65歳「ナチュラルズ」 バンド再開

LINEで送る
Pocket

ライブに向けて熱の入った練習をする「ナチュラルズ」

1960年代にラジオで洋楽を聴いて育った諏訪地方に在住する男性5人組のバンド「ナチュラルズ」が29日、下諏訪町平沢町のライブハウス「チャーリーズハウス」が主催するライブショーに出演する。平均年齢65歳のバンドが、6年ぶりに本格的な音楽活動を再開する。5人は「年を重ねても一緒に音楽ができて幸せ」と口をそろえる。

ナチュラルズは、諏訪地方を拠点に活動していたシンガーソングライターの鈴木義則さん(故人)のバックバンドとして約30年前に結成。ライブハウスや飲食店で音楽活動をしてきた。6年前に鈴木さんの闘病生活を励ますために集まって以降、5人で活動することはなくなっていた。

仕事や子育てから手が離れ、時間の余裕が生まれたことから本格的に活動を再開することに。これまで個々で音楽を続けてきたが、5人そろっての久しぶりのライブに向けて月に2回、チャーリーズハウスで練習を重ねている。

ライブではテンプテーションズの「マイ・ガール」、ロッド・スチュワートの「アイ・ドント・ワナ・トーク・アバウト・イット」など、60~70年代に流行した楽曲を中心に、円熟した演奏を披露する。

キーボードの森田共衛さん(63)=茅野市=は「若いころにラジオで聞いた洋楽の懐メロを楽しく演奏する」と来場を呼び掛け、今後について「ライブは活動再開のスタートライン。これまでやってきた曲を同世代に聞かせたい」としている。

午後6時30分開場、同7時開演。入場料はドリンク付きで前売り1500円、当日2000円。予約、問い合わせはチャーリーズハウス(電話080・7756・8740)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP