千年に1度の豪雨想定 天竜川の浸水区域図

LINEで送る
Pocket

県は、想定される最大規模の降雨により、天竜川の県管理区間(岡谷市・釜口水門~辰野町・横川川合流点)が氾濫した場合の「洪水浸水想定区域図」を作成した。下伊那郡松川町で19日開いた大規模氾濫減災協議会で報告。「1000年に1度」規模の豪雨を想定し、氾濫した場合の浸水の範囲や深さのほか、家屋倒壊の想定区域や浸水継続時間を表示した。5月中にも詳細を明らかにする。

作成を担当した県諏訪建設事務所によると、天竜川の現行の浸水区域図は、「100年に1度」の確率とされる48時間雨量233ミリを想定して作成している。

今回は中部地方でこれまでに観測された降雨データなどを基に、48時間雨量605ミリを「天竜川流域で起こりうる最大規模の豪雨」と想定。浸水範囲図を示し、浸水の深さを「0.5メートル未満」から「20メートル以上」までの6段階で色分け表示した。浸水継続時間は今回初めて示した。

頻発化・激甚化する水害を受け、全国的に強化するソフト対策の一環で作成。5月の土砂災害対策に関わる諏訪地域の連絡会で一括して詳細を報告した後、辰野町などにも説明する。関係市町村には詳細なデータを提供し、洪水ハザードマップの更新作業を進めてもらう考え。避難の場所や経路、手段の検討、住民の命を守るための行動につなげていく。

辰野・横川川合流点~飯田市の国管理区間では、既に1000年に1度規模の降雨を想定した区域図を作成・公表しており、浸水範囲はそれまでの想定に比べて約4倍に拡大した。

この日の協議会で県伊那建設事務所は、天竜川に続く形で今年度、同様の想定で箕輪町の沢川・箕輪ダム下流の浸水区域図を作ると報告。構成機関と協議しながら、低コストで設置できる危機管理型水位計の設置も進めていきたい考えを示した。

おすすめ情報

PAGE TOP