「すわっチャオ」見学会始まる アーク諏訪

LINEで送る
Pocket

見学会が始まった「駅前交流テラスすわっチャオ」のイベントスペースを見る人たち

諏訪市はJR上諏訪駅前の商業ビル「アーク諏訪」3階に5月18日に開所する公共スペース「駅前交流テラスすわっチャオ」の見学会を、19日から始めた。22日までの4日間、イベントスペースやキッズコーナーなど施設に備えた12機能を見てもらう。「多機能・多世代・多目的」をキーワードに住民や観光客らの交流促進の拠点にする。初日は約200人が訪れた。

面積は同じフロアに設けた放送大学長野学習センターを除き2534平方メートル。2017年5~12月に開いた市民ワークショップの意見などを踏まえて市が機能を決めた。未就学児対象の遊び場「キッズコーナー」や誰でも利用できる「フリースペース」、高校生らがバンド練習できる三つのスタジオ、大型の鏡を備えた多目的スタジオ、調理研修室、和室などがある。

施設中央部には会議室が5室あり、可動壁で複数パターンに設定できる。隣のフリースペースと連結すると最大358席が収容可能という。

同市上諏訪から訪れた嶋野春美さん(65)は「いろんな人が使える施設が市内になかったのでうれしい。子どもから学生、住民らが集まる場所になれば」と喜んだ。

1歳の四女とキッズコーナーを見た下諏訪町の服田香織さん(34)は「きれいでいい」と期待する一方、アーク諏訪の駐車場は民間有料駐車場(専用機に駐車券を通すと1時間無料)のため、「おもちゃで遊ぶとすぐには帰らないかもしれないので…」と気掛かりなようだった。

見学会は無料。時間は午前10時~午後4時(20日のみ午後7時まで)。期間中は アーク諏訪の駐車場が午前8時~午後8時の間は無料になる。見学会後の23日から予約受け付けを始める。問い合わせは、すわっチャオ(電話0266・75・5257)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP