3期12年支援に感謝 茅野市柳平市長退任式

LINEで送る
Pocket

市民や職員に見送られ市役所を後にする柳平市長

29日の任期満了で退く柳平千代一茅野市長の退任式が26日、市役所であった。柳平市長は3期12年の支援と協力に感謝し、「真ん中に愛のあるまちの実現に取り組んで」と最後のメッセージ。花束を抱え、職員と市民に見送られて市役所を後にし、市の発展にまい進した市長生活を締めくくった。

式は市役所大ホールで行われ、柳平市長は職員約200人に「『みんなでつくるみんなの茅野市』を実現するために職員や市民、議員とまい進できたことは私の喜びであり誇り。全ての皆さんに感謝したい」と語った。

職員を代表して、樋口尚宏副市長が「真ん中に愛があふれた千代(CHIYO)一市長さんの思いを受け継ぎ、新しいリーダーの下で職員一丸となって茅野市発展に努める」とあいさつ。篠原啓郎市議会議長も労をねぎらった。

正面玄関前には市民や後援会役員、歴代市議、職員ら約300人が集まった。柳平市長は「微力だったが多少なりとも茅野市の発展に貢献できたことは私の喜びであり誇り。今後は一市民として市の発展に貢献します」とあいさつした。後援会の小笠原弘三幹事長の呼び掛けで行われた労をねぎらう万歳三唱に深く頭を下げ、公用車で庁舎を後にした。

次期茅野市長の今井敦氏は5月7日に初登庁する。

おすすめ情報

PAGE TOP