豪雨災害10年 30日諏訪で「森林の防災・減災講座」

LINEで送る
Pocket

諏訪湖周に甚大な被害をもたらした2006年7月の豪雨災害から10年を迎えるのを前に、県は6月30日、「森林の防災・減災講座~里山の復興と未来」を諏訪市の県諏訪合同庁舎で開く。県林業総合センターの元所長で、災害後に県が設置した「森林の土砂災害防止機能に関する検討委員会」のメンバーだった片倉正行さんらが講演。被災状況や災害教訓を振り返り、災害に強い里山づくりについて改めて考える。

検討委は有識者や国、県の専門機関などで構成し、現地調査や審議を経て08年1月に災害に強い森林づくり指針をまとめた。片倉さんは、被害が大きかった岡谷市の土石流発生要因を解説した上で、指針の基本理念に据えた「適地適木」「適正管理」による森林づくりの重要性を伝える。

06年当時の岡谷・花岡区長で、「西山里山の会」会長の小口ひろ明さんは、地域を挙げて取り組む災害復興と里山づくりをテーマに講演。被災地での植樹活動や、山地防災パトロールといった住民主体の活動を報告する。県は、航空レーザー測量を基にした立体地形図などで、山地災害の危険箇所を把握する手法、技術を紹介する予定だ。

豪雨災害では、7月15~19日の総雨量が釜口水門で400ミリに達し、岡谷市では土石流などで8人が死亡、12人が重軽傷を負い、湖周では浸水被害が多発した。県諏訪地方事務所林務課によると、豪雨による山腹崩壊・荒廃渓流の面積は、諏訪、茅野、下諏訪を含めた4市町で計12・68ヘクタールとなり、被害額は約18億円に上った。

午後1時半~4時。参加無料。27日までに林務課(ファクス0266・57・2948)へ申し込む。講座の問い合わせは、県森林づくり推進課(電話026・235・7271)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP