村外団体の合宿費補助 中川村が今年度から

LINEで送る
Pocket

中川村は、今年度から村内の宿泊施設を利用して合宿を行う村外の学校や企業などの団体へ、宿泊費を一部補助する事業を始めた。合宿の参加者が「延べ20人泊以上」の団体が対象で、補助金は1人1泊500円、1団体最大で10万円を限度としている。

事業は村内への合宿誘致推進が目的で、合宿の内容は文化、スポーツ、企業・団体研修、自然アクティビティー、農作業の体験教育など。政治的、宗教的な団体の利用は補助の対象にならず、一度制度を活用した団体の同一年度内の複数回利用もできない。

該当条件の「延べ20人泊以上」は、例えば1団体20人が1泊した日程のほか、5人で4泊した場合でもよく、宿泊日数に応じて補助金額が上乗せされる仕組み。1団体20人が2泊した場合、補助金は1人1000円になる。期間内に異なる村内の宿泊施設を利用しても補助される。

村では「村内には合宿に必要な体育館、屋根付き運動場、グラウンド、テニスコートもある。制度を活用して『日本で最も美しい村』で合宿に励んでほしい」と呼び掛けている。問い合わせは中川村振興課(電話0265・88・3001)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP