「一本桜」観桜会 小津監督のおい夫婦囲んで

LINEで送る
Pocket

地元関係者と談笑する(左2人目から)長井秀行さん、眞佐子さん夫妻。2人の後ろにあるのが一本桜

映画監督の小津安二郎監督(1903~63年)と脚本家の野田高梧氏(1893~1968年)が足繁く通った茅野市郊外の蓼科高原にある「一本桜」で10日、2人をしのぶ観桜会が開かれた。見頃を迎えた桜の下で、小津監督のおいで鎌倉市在住の長井秀行さん(81)、眞佐子さん(79)夫妻を囲み、和やかに映画や人生を語り合った。

小津、野田両氏は、晩年の小津作品の脚本を蓼科高原で手掛けた。好んで通ったのが丘の上の一本桜で、映画「早春」(56年)の題名はここで決まったとされる。

長井さん夫妻は1962年4月、新婚旅行で蓼科を訪れ、秀行さんは一本桜の前で小津監督と写真を撮った。撮影者は眞佐子さんだった。その後、2人は蓼科に山荘を構えるが、5月の大型連休後は鎌倉市に戻るため、満開の一本桜を見たことがなかったという。

観桜会は長井夫妻の希望を受け、前蓼科観光協会無藝荘運営委員長の藤森光吉さん(72)=茅野市湖東=と、小津、野田両氏が残した「蓼科日記」抄の刊行会事務局長を務めた北原克彦さん(71)=原村=、元小津安二郎記念・蓼科高原映画祭企画室長の矢崎和美さん(72)=同市北山=が中心となり、2017年に初めて開いた。

3年目の今年は一本桜と周囲の山桜が見頃を迎え、快晴にも恵まれて絶好の花見日和となった。長井夫妻と地元関係者ら8人が参加。藤森さんの手料理や眞佐子さんが作ったちまきに舌鼓を打ち、ダイヤ菊を酌み交わした。

秀行さんは、小津監督と過ごした蓼科が自己実現の場だったと述懐し、「蓼科を愛している。ここに立つと当時の思い出がよみがえり、今のつながりも大事にしたいと思う。(今年の桜は)素晴らしい。私が健在のうちは観桜会を続けたい」と話していた。

一本桜は標高約1400メートルにある樹齢百年ほどの山桜で、蓼科観光協会と茅野市が紹介する散策ルート「小津の散歩道」のコース上にある。一本桜を管理する地元の湯川財産区は根元への立ち入りを防ぐ柵を設置し、樹木医に診断を依頼するなど、保護活動にも力を入れている。

おすすめ情報

PAGE TOP