励まし合い経ケ岳駆ける 南箕輪中強歩大会

LINEで送る
Pocket

ゴールの経ケ岳8合目を目指して、山道を進む生徒たち

南箕輪村南箕輪中学校は16日、第67回経ケ岳強歩大会を、大芝高原を出発点に開いた。経ケ岳8合目(2152メートル)までの標高差1300メートル余、約9キロのコースを駆け上がる伝統行事。生徒434人が伊那谷を一望できるゴールを目指し、急こう配の細道など数々の難所を乗り越えた。

村の豊かな自然を象徴する経ケ岳を登り、心身を鍛えることなどを狙いにした、同校の最大行事。

生徒たちは、午前7時に大芝高原をスタート。新緑がまぶしい林道を疾走し2合目へ。以降は勾配のある細い山道が続き、息を切らして歩を進めた。仲間と励まし合い8合目へ到達。登り切った達成感に浸り、古里を一目に見下ろせる眺望を楽しんだ。

男子は2年の上田卓輝君が1時間36分37秒で、女子は3年の高木萌子さんが1時間58分36秒で、それぞれ優勝。1年女子のトップになった山田真瑚さんは「登山自体が初めてだけど、自分の限界まで挑戦できた。ゴールの景色がすごくきれいだった」と満足そうにしていた。

おすすめ情報

PAGE TOP