春季高校野球県大会 東海38年ぶり制覇

LINEで送る
Pocket

春季県大会で38年ぶりの優勝を果たし、閉会式でダイヤモンドを一周する東海大諏訪の選手たち=しんきん諏訪湖スタジアム

東海大諏訪、春38年ぶりの頂点-。第140回春季北信越高校野球県大会の決勝は16日、しんきん諏訪湖スタジアムで行い、東海大諏訪が都市大塩尻を7-6で破り、2013年秋以来11季ぶり、春は1981(昭和56)年以来2度目の優勝を果たした。

東海大諏訪と都市大塩尻の上位2校は、6月1日から富山県で開催される北信越大会に県代表として出場する。

おすすめ情報

PAGE TOP