観光とお土産一緒に案内 上諏訪駅東口に拠点

LINEで送る
Pocket

JR上諏訪駅に改装した土産品店と観光案内所(奥)が一体化した観光拠点が開所した

JR東日本長野支社(長野市)などは18日、諏訪市の上諏訪駅東口に新たな「観光拠点」を開所した。4月に先行オープンした諏訪観光協会(諏訪市)の観光案内所に、この日から既存の土産品店を改装して併設した。両施設の間の壁を取り払い、観光情報や特産品を一体的に売り込む。

観光拠点全体の広さは200平方メートル余。このうち、リニューアルした土産品店はほぼ2倍の約150平方メートルに広げた。地酒や菓子、ワカサギ関連など諏訪地域の商品を取り扱う。土産品店はステーションビルMIDORI(長野市)が運営する。営業時間は午前8時~午後7時。

隣接する観光案内所と「タリーズコーヒー上諏訪店」との間も常時戸を開けて行き来できるようにし、利便性向上を図った。

オープニング式典で伊藤悦郎長野支社長は、同日開所した諏訪市の「駅前交流テラスすわっチャオ」に触れ、「相乗効果で地域発展に寄与できれば」とあいさつ。金子ゆかり諏訪市長は「市民や観光客らの集客拠点として駅は重要。駅周辺のにぎわいを願いたい」と述べた。

駅前では地酒や菓子などの振る舞いがあったほか、御諏訪太鼓保存会が演奏し、彩りを添えた。

おすすめ情報

PAGE TOP