花と音楽の街歩き 伊那まちバラぶらり開幕

LINEで送る
Pocket

通りを彩るバラを楽しみながら商店街を歩く人たち

バラ咲く街角として売り出す伊那市の中心商店街で26日、伊那まちバラぶらり(実行委員会主催)が開幕した。「花と音楽に誘われ、ぶらり歩いてみたくなる街」がテーマで、6月23日まで、バラにちなんださまざまな企画を用意して人々を街中へ誘導する。

初日は2カ所でオープニングイベントが行われ、ミニコンサートや花市に大勢の人たちが繰り出した。セントラルパーク会場では地元の音楽教室の生徒らが電子オルガンの演奏を披露し、軽快な音楽を街中に響かせた。通り町1丁目の伊原商店では花人の唐木さちさん=同市上牧=によるバラを使ったデモンストレーション展示やフローティングフラワーの体験があり、集まった人たちが街中で咲くバラとは違った花の楽しみ方を学んだ。

通りに並んだ鉢植えのバラは色とりどりの花を咲かせ、街は心地よい香りに包まれている。朝の水やりに精を出す商店主は「この暑さで一気に咲いた。開幕には間に合ったが、このままの暑さだと6月下旬まで花が持つかどうか心配」と話していた。

今年は6月2日に新企画「バラのお庭拝見ツアー」を行い、市内のバラ庭園をマイクロバスで巡る。イベントのフィナーレは「INA・JAZZ・STREETwithキャンドルナイト」で、6月22日午後4~10時、通り町1丁目アーケード周辺で行う。

おすすめ情報

PAGE TOP