飯島町米俵マラソン 7月1日から受け付け

LINEで送る
Pocket

飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第4回「飯島町米俵マラソン」(同実行委員会主催)が、11月27日に開かれることが決まった。定員は昨年と同じ700人。米俵部門と米俵を担がない一般部門の計2部門あり、7月1日からインターネットと郵便振替を通じて参加を受け付ける。

町文化館前を発着点に距離3・4、5、10キロの3コースで計9種目を実施。米俵部門は重さ1、3、5キロの米俵から担ぐ重さを選ぶことができる。米俵を担いで完走した選手には、その重さ分のコメを、米俵5キロ・10キロコースの優勝者にはコメ1年分(60キロ)を贈る。今年も大会終了後には食のイベントを行う。

大会は町内産のおいしいコメのPRと、地域の活性化を目指した「ご当地マラソン」で、2013年11月に初めて開催。前回大会は過去最多の724人がエントリーした。

実行委員長の久保島巌さん(70)=同町飯島豊岡=は「ランナーやボランティアスタッフ、沿道で声援を送る人全員が楽しめる、町の誇りとなるようなマラソン大会にしていきたい」と話している。

詳細は公式ホームページ(「米俵マラソン」で検索)を参照。問い合わせは、大会事務局の酒井さん(電話0265・95・4881)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP