スワンバス無料乗車6月1日から 湖周3市町

LINEで送る
Pocket

6月から体験乗車券を利用すると無料乗車できる諏訪湖周スワンバス

岡谷市、諏訪市、下諏訪町は6月1日から、諏訪湖周を共同運行する「スワンバス」の無料体験乗車を行う。車両更新に伴う新型車両の導入に合わせて初めて行う。イベントで配る体験乗車券利用者が対象で、日頃バスになじみの薄いファミリー層を中心に乗ってもらい、利用者の増加を図る。

諏訪市地域戦略・男女共同参画課によると、2017年度のスワンバス乗客者数は約8万4000人(1便平均16・5人)で減少傾向という。スワンバスの車両は内回り線(湖周を反時計回り)が昨年12月末に車両が更新され、外回り線(湖周を時計回り)は今年6月中をめどに車両が新しくなる予定。無料乗車を契機にバスを身近に感じてもらう。

無料乗車するには、3市町で行うイベントで配るチラシに添付されている体験乗車券を利用することが必要。諏訪市は5月26日の高島城祭でチラシを配布した。岡谷市と下諏訪町はどの催しで配るか検討している。

無料乗車体験は12月31日まで。同期間は岡谷市シルキーバス、諏訪市かりんちゃんバス、下諏訪町あざみ号でも無料体験乗車券として使用可能だ。

問い合わせは岡谷市商業観光課(電話0266・23・4811)、諏訪市地域戦略・男女共同参画課(同0266・52・4141)、下諏訪町住民環境課(同0266・27・1111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP