ドイツスズラン見頃 入笠すずらん山野草公園

LINEで送る
Pocket

見頃を迎え、甘い香りを漂わせているドイツスズラン=入笠すずらん山野草公園

富士見町の富士見パノラマリゾートにある「入笠すずらん山野草公園」で、ドイツスズランの群生が見頃を迎えている。入笠山の山歩きに訪れた人たちらが、甘い香りを漂わせる小さな白い花の眺めを楽しんでいる。

冬はスキー場になるゴンドラリフト山頂駅近くの斜面に約20万本が植わる。管理する富士見パノラマリゾートによると、今年は春先の冷え込みの影響で例年より10日ほど遅く5月末に開花。現在は八、九分咲きで今月中旬まで楽しめそう。

松本市の女性(70)は「白い花がかわいらしいですね」と話していた。入園無料。公園までのゴンドラリフトは往復1650円(小学生800円)。23日まで開催中のすずらん祭りではゴンドラ往復券を購入した人に山野草の苗をプレゼントしている。入笠山の入笠湿原に群生する約100万株のニホンスズランも15日ごろから開花しそうという。問い合わせは同リゾート(電話0266・62・5666)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP