「らくらく入店の会」発足 原田泰治さんら

LINEで送る
Pocket

バリアフリーを進める「らくらく入店の会」の発足について説明する原田泰治さん(左から2人目)ら

諏訪市の画家、原田泰治さん(79)らが発起人となり11日、諏訪地域の店舗や公共施設などの段差を解消するバリアフリーを進める「らくらく入店の会」を発足した。バリアフリーの店や施設が増えることで「車椅子利用者や障がい者、高齢者らが気軽にまちに出られるきっかけになれば」と立ち上げた。原田さんがデザインしたマークも発表し、希望するバリアフリーの店や施設の出入り口に張ってもらい、活動の輪を広げたい考えだ。

原田さんによると、バリアフリー化されていないため、車椅子利用者らにとって「入りたくても入れない店がある」という。「バリアフリーを進めるためには誰かが声を上げないといけない」とし、親交のある諏訪中央病院名誉院長の鎌田實さん(70)、ミクロ発條会長の小島信勇さん(78)、本金酒造専務の宮坂恒太朗さん(39)の計4人が発起人となり活動を進める。

4人は同日、諏訪市役所で記者会見した。まずは店舗などの出入り口にスロープ設置が進んでほしいとし、原田さんは「立派でなくても、手作りでもいい。スロープがあるとわれわれの支えになる」と説明した。

鎌田さんは「飲食店で食べたい物を食べられるのは生きる喜び」と指摘。人生100年時代と言われて長寿の高齢者の増加が見込まれる中、「今から諏訪地域全体で取り組むことが必要」と述べた。

同会によると、同市のそば店「藪之華」、フランス料理店「かわら亭」などでバリアフリー化が進んでいるとし、「どんどん増えてほしい」とした。

原田さんがデザインしたマークは車椅子とスロープを組み合わせた。今後店舗などに張れるようステッカーにする。ステッカーの要望など問い合わせは、らくらく入店の会事務局(電話0266・54・1881、原田泰治美術館内)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP