ボウリング場復活 諏訪市に15日オープン

LINEで送る
Pocket

オープンに向け準備を進める笠原さん(右)らスタッフ

諏訪市高島にある元ボウリング施設が15日にボウリング場「ココレーン諏訪店」として約3年ぶりに復活する。支配人の笠原康正さん(33)によると、「開店を心待ちにしている」といった地元愛好者からの反応もいいという。女子プロボウラーの大塚由奈さん(21)が常駐し、教室の運営にも力を入れていきたい考えで「地域に根差した店舗を目指したい」と話す。

葬祭業などを手掛ける跡美開発(東京都八王子市)が運営する。かつてブームに沸いたボウリングは娯楽の多様化による愛好者の減少や施設の老朽化などで閉店が進んでいるが、同社は「子どもからお年寄りまでの幅広い世代が楽しめるスポーツ。このまま人気が下火になるのは寂しい」として元ボウリング施設の再生を進めている。現在は松本市と静岡県三島市で店舗を運営している。

諏訪店のレーン数は32。ゲーム機などは置かず、親子連れでも安心して楽しめる環境をつくる。プロボウラーでもある笠原さんによると、女子プロ、女子アマチュアボウラーによるトーナメントテレビ番組の影響で最近は若い世代でもボウリングを始める人がいるという。「地域住民のコミュニティーの場として根付くといい」と話している。

営業時間は月~土曜が午前10時~午後11時、日曜、祝日が午後10時まで。問い合わせは同店(電話0266・75・5255)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP