中ア背景にレンゲツツジ見頃 宮田高原

LINEで送る
Pocket

見頃を迎えたレンゲツツジ=宮田高原

宮田村の宮田高原(標高1650メートル)で、レンゲツツジが見頃を迎えている。雄大な中央アルプスと深まっていく木々の緑を背景に赤色や黄色の花々が咲き誇り、訪れる人々の目を楽しませている。

宮田高原キャンプ場でウグイスの声に耳を澄ませながら遊歩道を行くと、中アを望むキャンプ場の斜面に色鮮やかなレンゲツツジが広がる。久々の快晴となった13日には、多くの写真愛好家らが、満開に近いレンゲツツジで彩られた風景をカメラに収めていた。

毎年撮影に来るという同村大田切の田中義文さん(71)は「山とレンゲツツジの組み合わせが最高。最近は(花の咲き具合を)心配していたが、今年は良いんじゃないか。七分咲きの頃が一番きれい」とシャッターを切った。

村によると、今年の開花は4月以降の雪や霜の影響で、例年より1週間ほど遅いという。村は「宮田高原レンゲツツジまつり」を16日まで開催。恒例のフォトコンテストも行い、8月30日までレンゲツツジの写真を募集している。

村産業振興推進室は「花は1週間ほど楽しめるが、今週末がとくにお勧め。初夏の高原を満喫して」と呼び掛けている。

おすすめ情報

PAGE TOP