グッズデザイン決まる 大芝高原まつり

LINEで送る
Pocket

南箕輪村の夏祭り「第34回大芝高原まつり」(8月24日)をPRするポスター、うちわ、パンフレット表紙のデザインが決まった。3点とも南箕輪中学校の美術部員が描いたアクリル画。村のイメージキャラクター「まっくん」をモチーフにし、心弾む祭りの一端を伝える作品に仕上げている。

大芝高原まつり実行委員会が、南箕輪中学生を対象にデザインを募集。美術部員35人から1人1点ずつ寄せられた。13日夜に同実行委の役員が作品を審査し、表現方法や色使いなどを判断基準にして最優秀賞に3点を選出。ポスターには2年生の征矢真理菜さん、うちわに2年生の羽生美彩さん、パンフレットの表紙に3年生の安藤雅さんのデザインが採用されることになった。

それぞれ、花火やコンサートといった特徴的な催しを絡めながら、法被姿で祭りを満喫するまっくんの姿を生き生きと描き上げている。

ポスターは200枚作成し、村内の公共施設などに飾る。うちわは2500本を作り、本番当日に来場者に配る。パンフレットは全戸配布する予定だ。

左から最優秀に選ばれた征矢さん(ポスター賞)、安藤さん(パンフレット賞)、羽生さん(うちわ賞)の作品

おすすめ情報

PAGE TOP