参院選スタート 県区は改選1減、3氏届け出

LINEで送る
Pocket

第24回参院選が22日公示され、7月10日の投開票に向け、18日間の選挙戦が始まった。長野県区(改選定数1)は、民進党新人の杉尾秀哉氏(58)、政治団体・幸福実現党新人の及川幸久氏(56)、自民党現職の若林健太氏(52)の3人(届出順)が立候補を届け出た。

午前8時30分、県庁で立候補を届け出た各候補は、いずれも長野市内の街頭や農園で第一声を上げ、論戦を始めた。

杉尾氏はJR長野駅前で第一声。憲法改正や安全保障法制を争点として強調し、アベノミクスを「強者のための政治」と批判。共産、社民両党の県組織代表も演説し、「野党共闘は野合ではない。新しい日本の希望」などと訴えた。党本部の岡田克也代表、連合の神津里季生会長も応援に長野県入りした。

及川氏は支援者のリンゴ畑で第一声を上げ、「信州のリンゴをニューヨークで売ろう」と独自の農業政策を訴えた。消費税増税に頼らない新しい年金制度も提案。支援者回りやJR松本駅での演説で支持を訴えた。

若林氏は長野市内のホテルで第一声。地方や中小企業からのアベノミクスへの不満を受け止めながら、経済政策のさらなる前進を訴えた。野党連合に対しては「対案を示さない。格差是正を実現する政策を聴いたことがない」と批判した。党本部から下村博文副幹事長、岸田文雄外務大臣も応援に駆けつけた。

1998年から自民と旧民主で2議席を分け合ってきた県区が、公職選挙法改正で1議席になって初めての選挙戦。連立与党の自民・公明、候補を一本化した民進、共産、社民の野党連合が、それぞれ支持の広がりを狙う。及川氏は県産農産物の輸出などの政策を訴える。

21日現在の県内有権者数は177万6747人(男86万275人、女91万6472人)。

おすすめ情報

PAGE TOP